2017-11-16

白菜を発酵させてみたら・・

最近私は発酵食品に興味津々です♪

今回は白菜に付着している乳酸菌の力を借りて、白菜漬けを作ってみました。

■材料

・ミニ白菜半分

・塩30g(白菜の重さに対して3〜5% )

・好みの薬味

・乳酸菌(・・・白菜に付着しています♪)

■作り方

①白菜を半分に切って、芯のついている方を下に、切り口を上にして、日当たりのいい場所で干します。上下を途中で変えるといいそうです。

★白菜が、かなりカピカピになるので、大丈夫かなと不安になりますが・・そのままで大丈夫です!!

②綺麗に洗ったボウルに入れて、芯の間に塩をすり込み、ラップをかけて重石をします。

★カピカピだった白菜から150ml、びっしょり水が出ました!

★白菜に水分が多いと水が上がらないそうです。その場合は2〜3%の塩水を作って白菜が浸るぐらいまで加えて発酵を進めてください。

③水分が出てきたら、水気を軽くしぼり、袋に移し替えます。

★この時点で、漬物の香りがします( ´ ▽ ` )

④好きな薬味を入れて空気を抜いて、もう一度重石を置いて冷蔵庫で寝かせます。

★私は昆布と鷹の爪を入れました。

■今回作った材料について

①塩

パルシステムで購入した「海は命」

②白菜

パルシステムの「エコ・白菜(小玉)」を使いました。どじょうくん蒸剤や除草剤は使用していない、良質な堆肥を使った土で丹精込めて育てられた白菜です。白菜に自然に付着している乳酸菌を発酵させるのだから、白菜もなるべく手間ひまかけて作られた物を使いたいなぁーと思ったのです。

▼この商品はこちらで買えます!気になった方は見てみてください^^
生協の宅配パルシステム

■感想

とっても簡単に作れました。

漬けてから4.5日後が食べ頃ということで、早めに食べきれる量をまずは作ってみました。

注意する点は、塩を使うことを躊躇しないこと。きちんと発酵させるために塩が必要です。

この乳酸菌は、植物性乳酸菌と呼ばれる物で、生きたまま腸に届きやすく腸内環境をより改善し免疫力を高めてくれるそうですよ。

これから白菜の季節ー!

お天気がいい日があったらぜひチャレンジしてみてください♪

ちえ

▼関連記事

干し野菜部の記録はこちらです

タグ:
関連記事