2017-10-30

アツいトピック「腸内フローラの話①」

健康でいるためには食事が大事、腸内の健康が大事ということを実感するようになりました。

「腸内フローラ」これは発酵食品のことなど調べているとよくる見かけるワード、アツいトピックですよね。でも、腸内フローラって、なに??

簡単にまとめてみました。

■ 腸内のバクテリアは

︎バクテリア(細菌)の数・・・100兆

︎重さ・・・1〜1.5kg

︎種類・・・数百種類以上

︎腸の長さ・・・6m(広げるとテニスコート一面)

これらバクテリアたちのまとまりを「お花畑」と例えたんですね。

■ 役割

・人間が自力で消化できない物を栄養として吸収できるようにしてくれる

・ビタミンを作ってくれる

・たちの悪い悪玉菌がやってきても腸の中にいるうちにやっつけてくれる

・からだの免疫作用も応援してくれる

■ 喜ぶ食べ物

食物繊維、様々な糖類、発酵食品

■ フローラが弱ってしまうかも?

【食べ物】食物繊維が少ない物、精製度の高い炭水化物、糖分、油脂分、人工甘味料、乳化剤など。

【薬】抗生物質、風邪薬や熱さまし(ロキソニン、イブプロフェン)、アルコール消毒

■ 今後予防や治療を期待できる病気など

花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、食物アレルギー、便秘、認知症、ガン、糖尿病、心疾患、自閉症、肥満、肌荒れ、原因不明の体調不良、環境が要因の病気など

■ まとめ

私はMEC をやっているので、チーズ、卵、肉などのタンパク質をたくさん食べますが、あまり偏らないように、色んな種類のものを食べるようにしています。

また、発酵食品も意識してたくさん食べるようにしています。食物繊維も不足しないよう、野菜たっぷりの味噌汁は必須です♪

腸内の健康を考えて、添加物なども勉強中です。

腸がなぜ大事かというと、様々な物質は腸から吸収されて血流にのって体中にまわるからなんですね。

すっごく簡単にまとめると、「腸内フローラによって、作られた物質によっては、私たちは健康にもなるし、病気にもなるし、治らないと思ってた病気も治るかもしれない」ということになります。

しかし、腸の住人に、人間はこんなにも左右されて生きているとは。腸内が変われば性格も変わるってこと、あるらしいです。面白い。

これだけバクテリアに支配され動かされてるとなると、自分という人間は本当に自分なのか?と思ってきちゃいますね。

自分はバクテリアの乗り物なのかも。

自分と思っている自分は、果たして、本当に自分なのか。

思わぬところで、哲学の発生です。 続く。

ちえ

続きの腸内フローラの話②はこちらです<<< /p>

関連記事