2017-09-21

手づかみで食べさせたい♪「木製プレート」

■はらぺこあおむし

息子のお誕生日会だったので、ちょっと特別なプレートを。

お肉、ほうれん草、じゃがいも、にんじん

、かぼちゃで「はらぺこあおむし」作りました♪

■プレートが便利

数年前にkitchenkitchenで買った木製のプレートをお皿代わりにしたんですが、これがすごくよかった!!

適度な重さがあるのでひっくり返すこともなく、息子はむしゃむしゃ手づかみであっという間に完食したんです。

おおー!!!

夢中になって口へ運ぶ様子を見て、手づかみで食べさせるっていいなと改めて思いました♪

■手づかみっていい!

それまで離乳食(補完食)はお皿をひっくり返すので、お皿を私が手で抑えたり、余裕のない時はスプーンを使って食べさせたりしていました。

でも、この日の息子の様子を見てから、食事の方法を変えました。

お皿に食事を用意をしたら、息子の様子を見ながらプレートに少しずつ乗せていく。

それだけですが。

それだけのことなのですが、なんだか食事がぐっと楽になって、息子の横で私ものんびりごはんを食べられるようになって。

時々介助は必要ですが、小さなプクプクの手で口に頑張って運んでいく姿がとっても愛らしいです♪

指をたくさん動かして、思いっきり食事を楽しんでるんでしょうね。

食事は知育の時間だと思えるようになったような。私の心境の変化が大きかったと思います。

■まな板でも

改めてkitchenkitchenに見にいきましたが、今は同じ物は売っていませんでした。確か1000円くらいだったかな??

今までは、ピザやケーキを焼いた時にプレートとして使ってました♪

重みがあれば、まな板でもよさそうですね!

今、おしゃれなまな板もたくさん売られてますしね。また板って言わないのかな、カッティングボードかな。

お誕生日会の飾り付けはこちらにも書いてます☆

■脳が育つ

ちなみに、脳が育つ食べ方は、クーヨン6月号(2017年)の特集でした。

「手の指は突き出た大脳」という考え方で手づかみ食べを実践している保育園が紹介されてましたよ〜!

ちえ

関連記事