2019-03-13

低GI食品「有機アガべシロップ」

  • 砂糖の1.3倍の甘さで低GI食品
  • 有機栽培、無添加
  • 癖がなく使いやすい

JAで訳ありデコポンが安く売られていたので購入したら

えらく酸っぱかった・・・!!

時間を置いたらどうにかなるかなとか、お風呂に入れてようかなとか、色々考えては保留。
あと4つもある・・・視界に入るこのデコポンを何とかしたい・・・。

そこで思いついたのが、「アガベシロップ漬け」

「砂糖の代替品で何かいいものありますか?」 という質問もよく受けるので
紹介します。

 

▼株式会社アルマテラ
有機アガベシロップスティック7g20本入り
702円(税込)

砂糖の1.3倍の甘さで、低GI食品

まず、「アガベってなに?」というところから。
メキシコ(高度で平均気温20度以上、準乾燥の地域)で栽培される、
テキーラの原料と同じ植物です。
十分な糖度を蓄えるまで5〜7年栽培されるというからすごいですよね。

砂糖に比べてカロリーは20%オフ。
砂糖に比べて甘さは1.3倍。
→使用量を25%減らすことができます。
ダイエットにもいいですね!

さらに、ここで注目するべきポイントが「低GI食品」であるところ。
GI値とは、「食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、
摂取2時間までに血液中に入る糖質の量を計ったもの」

私が砂糖を控えたり、砂糖なし育児をおすすめする理由の一つに
「血糖値の急降下問題」があります。
簡単に説明すると・・・
砂糖を摂ると血糖値が急激に上がりインスリン大放出→血糖値急降下
→そして無理やり血糖値をあげる為にアドレナリン(攻撃ホルモン)大放出
ということが体に起きています。
私もシュガーホリックだった頃、毎日イライラして
どうにも気分をコントロールするのが難しかったことがありました。

甘味料はどれもそれなりにGI値が高いのですが
アガベシロップはりんごよりも低いそうです。
順番で言うと
【はちみつ→メープルシロップ→りんご→アガベシロップ】です。
適度に緩やかに血糖値が上がるので
GI値をコントロールしたい人には嬉しい甘味料です。

安全で安心な原材料

有機栽培&手作業での収穫。
搾汁後に加熱して糖化、濃縮して作られるそうです。
保存料や香料など、添加物は使用されていないので、安心して使うことができます。

癖がなく使いやすい

はちみつやメープルシロップのような独特な主張がないです。
いや、私はどちらの個性も好きですよ、念のため(笑)でもあるじゃないですか、「俺はハチミツだ!」という香りや味覚による主張が(笑)

個性がないわけではないですが、そんなに癖がないので主張がない。
わりと砂糖っぽいような。
それに、冷たいものにもすぐに溶けて(馴染んで)使いやすいので、
これはどの料理にも問題なく使えそうです。

デコポン4つに対して2袋でちょうどよかったです。
皮をむいて、身を出したら、アガベシロップをなじませるだけ。
美味しくて一気に完食しました。
これは、ゼリーにしても美味しかったかも!

他の甘味料より少し高いし、買える場所は限られていますが
よかったら、いろんな料理に試してみてくださいね。

 

ちえ

関連記事