2018-02-14

魅惑のあの子(チョコレート)について考える

バレンタインデーにチョコチップクッキーを作りました。チョコチップを使ったので砂糖を入れず作りました。

■基準を探して

チョコレートを使わずにみりん粕や豆腐、ココアでチョコ風味のお菓子を作ると言う方法もありますが、私はそれらで美味しく作れる自信がなかったので、今年はいつものようにチョコチップを使うことにしました。

また来年リベンジします!

来年は息子もきっと食べたがると思いますしね♪

アレンジ料理上達したいです。

日々自分なりの基準を緩めたり、少し攻めてみたり、ちょうどいいところを探している感じです。

■シュガーホリック

ということで、チョコチップ選びだけは丁寧に、と思いました。

コストコで買ったのですが、ただこれが、美味しくて安くて、凄く良いのですが量がとにかく多い!!!

これをポリポリポリポリついつい食べ過ぎてしまい、チョコレートの中毒性と言うようなものをひしひしと、感じました。

色々な友達に「助けて!このままだと、ぺろっと2㎏食べてしまう!」と連絡を取り、慌ててシェアさせてもらいました。

■魅惑の・・

無自覚でしたが、昔は完全にシュガーホリックで、チョコレートばかり食べていたことを思い出しました。

このチョコレートが止まらない感じって砂糖が原因なのか。

それともチョコレートの魅惑の香りに誘われてしまうのか。

このチョコレートってものは、世界を狂わせる禁止薬物なんじゃないかと思いますよ。

昔何かの本で読んだのですが。

魔法使いだか、妖精だかを助けた人がいて

「助けてくれたお礼に、あなたの願いを3つ叶えましょう」と言われて1つ2つと望みを叶えてもらったんだけれども。

最後の願いが、「世界中の女に愛されたい」だったために、とっても美味しそうなチョコレートになってしまいましたとさ、チャンチャン♪みたいなお話でした。

男性の皆さん、気をつけてください!

世界中の女に愛されたいは、禁句ですよ!

まんまと、チョコレートにされちゃいますよ!

バレンタインデーだから、チョコレートと思ったけど、チョコチップなしでも作りました。

味付けはグラスフェッドバターだけですが、これがしっかり美味しい!

「砂糖なしのわりに美味しい」とかじゃなく、ホントに風味がよく美味しかったです。

改めて、グラスフェッドバターのおいしさを実感しました。

甘さで誤魔化さず、素材の味だけで楽しめるというのは、すごい贅沢なんじゃないでしょうか。

グラスフェッドバター、美味しさの面でも、ホントにおすすめです!

■コストコのチョコチップ

・植物油脂を使ってない

・カカオ51%のビターなチョコレート

・原材料はカカオマス、砂糖、乳化剤(大豆由来)、香料

・乳化剤は大豆由来

・値段は100gで、90円くらい。板チョコ一枚60gくらいだと思うと、コスパも◎

・チョコチップを買うなら今後もこれにして、友達と分け合うようにしたいです♪

■まとめ

砂糖や添加物の誤魔化しでなく、美味しいと感じる物を探していきたい。

チョコレートも、習慣にならない程度に、ほどほどに楽しみたい。

そして、楽しむ時には気にせず楽しみたい。

チョコレートは、大人の自分でも、止まらなくなってしまうから、子どもはもっと止まらないはず。でも禁止されると執着しちゃうような。

このことを考えて、うまく付き合っていきたいと思います。

ちえ

タグ:
関連記事