2017-12-01

断砂離料理のお話:おやつ


【関連記事】(合わせて読むとわかりやすい♪)

■はじめに寧活:砂糖を控える「断砂離料理」

■調理実習

(1)断砂離料理のお話:ごはん
(2)断砂離料理のお話:おやつ▶︎本記事はコレ

■まとめマリさんの断砂離生活から学ぶこと


マリさんに砂糖を控える「断砂離」(砂糖を断つ)のおやつづくりのコツを聞いちゃいました^^

■「おやつ=甘い=砂糖を使う」が一般常識。でもマリさんのおやつはちょっと違うんです。

見ているだけで幸せな気持ちになるマリさんの作るおやつ。そしてどれもこれも甘くて本当に感動の美味しさ!でもこれ、全部砂糖を使っていないおやつなんです、信じられますか?

▲バナナとレーズンのスコーン

 ▲おみそのスコーン

▲ローチョコムース

▲レアチーズケーキ (トッピング:砂糖不使用ブルーベリージャム)

■おやつは栄養がない?いいえ、そんなことはありません。

マリさんは、おやつを「4度目のごはん」と位置付けています。材料は野菜・果物・豆腐・塩・・・・と、ごはんを作る時の材料のようで驚かされます。砂糖を使わないだけでなく、栄養までしっかり考えられた、本当に栄養満点の「ごはん」のようなおやつなんです。

マクロビオティック的な考え方も取り入れ、体を冷やす食材を使うレシピは、体を温める効果がある食材を混ぜたりすることで、体が冷えないようになど工夫(マクロビオティック的には「中庸」)されていました。

レシピについて、材料や分量などはマリさんのお料理教室で教えてもらえるので、こちらでは割愛しますが、次から「砂糖を使わないおやつ作りのコツ」をお話させていただきます!

■砂糖を使わないのに甘さが出る秘密は・・・

ごめんなさいマリさん、これだけ書かせてください!(笑)

マリさんのおやつづくりに欠かせない材料は「バナナ」です。特に熟しているのがオススメとのこと。理由は熟しているものの方が甘さが強くなるから。お店では値下げして売られていそうな(笑)黒い斑点が出てきてしまっている、柔らかくなったバナナが良いそうです。

▲こんなバナナがオススメとのこと

マリさんのおやつは、バナナが実に色々な役割を果たします。

  • 甘さを出す
  • 食材をまとめあげる
  • なめらかな舌触りにする
  • コクを出す

本当にいい仕事をしますね、バナナ!

■甘みを感じさせる食材が「おやつの甘さ」を強くする

マリさんの作るごはんでも同じ考え方がありますが、「強く甘みを感じる食材があれば、全体が甘く感じる」というのがマリさんのおやつ作りの考え方。

つまり、砂糖などで全体を甘くするのではなく、所々ある甘い食材が「全体的に甘い印象」を作るんですね。

マリさんのおやつはこのコツが存分に活かされています。

例えば、バナナマフィンはレーズンが入っています。そのレーズンが甘いので、全体は甘さ控えめでもとても甘く感じるんです。

 

■マリさんのおやつ作りはシンプル

とても手の込んだように感じるマリさんのおやつ作りは、意外なほどシンプルでした。

工程は「混ぜる・冷やす・焼く」のどれかを組み合わせるのみ。だからこそお子さんとも一緒に幸せなおやつ作りを楽しんでいました。

なんとお子さんは1歳半頃から一緒におやつ作りをしていたとか!すごすぎる〜!!
ブレンダーもしっかり使いこなしていて驚き!こどもとは思えない慣れた手つきでびっくり。シンプルな工程だからこそ、一緒に楽しめるんですね。親子でのおやつ作り、素敵すぎる!

■マリさんのおやつには「食べ過ぎない」ためのやさしさが溢れている。

よく聞く話ではありますが、「砂糖は依存症がある。だから、砂糖を使っているお菓子はどんどん食べたくなってしまう。」とマリさんは言います。

ええ、それよくわかります〜!!!

確かに、私も砂糖を控えるようになってからはあまり感じなくなりましたが、妊娠・出産前、砂糖を存分に摂取していたころ(笑)はチョコレートを「あと1つ、うーんあと1つくらいいいかなあ・・・」と、どんどん食べていました。満足できなかったんですね。

マリさんのおやつは、砂糖を使っていないから1つでも本当に満足するから不思議です。(もちろん、たくさん食べたい気持ちもありまずが、それは決して1つで満足できないからではありません、美味しいからです。)1つで十分満足できるんです。


マリさんのお子さんがおやつを食べ過ぎることはないそうです。三度の食事を大切に、もりもり食べてほしいというマリさんの優しさが感じられます。

■「甘いもの=罪悪感」なんてもったいない!

甘いものが好きな人は、きっと共感できる気持ちに「甘いものを食べる時の罪悪感」があると思います。「太るかな〜」とか「体によくないのかな〜」なんてやつですね。

マリさんはこれを「もったいない!」と思うそうです。

「たまに食べるおやつは罪悪感なんて感じないで思い切り好きなスイーツなどを食べて幸せな方がいい!それが心の栄養になる」と。

その分、普段食べるおやつは砂糖を使っていないものにすれば罪悪感を感じません。

そう!寧もその考え方に大賛成なんです。普段の食事は丁寧に、たまには体のことばかり気にせず好きなものを思い切り食べる。メリハリが大切だし、それが幸せだなと思うんです。

■最後に

「おやつは栄養はないし、(体を冷やしたりする)砂糖が入っているけど、心を幸せにする役割だ」と思っていました。

でもマリさんのおやつを食べて考え方がガラッと変わりました。それは砂糖を使っていないだけでなく、「栄養」までキチンと考えられたおやつだったからです。マリさんのおやつは、心と体を幸せにする究極の「食事」だなあと思いました。

こんな素敵な気づきをありがとうございました!

ひとみ

関連記事