2018-01-22

甘み際だつ「干しかぼちゃ」

 秋冬の味覚、かぼちゃを干してみました

もともと甘い野菜のかぼちゃ。干したらどれだけ甘くなるだろう…と思い干してみました。
乾燥したよく晴れた日。
干すこと、丸一日。
やっぱり甘さが凝縮してとても美味しい!
食感も、水分が抜けたせいか、いつとよりほっこりした感じがしました。


↑お日様パワーでカラカラに。

お味噌汁に入れたら、ほくほくした新食感

かぼちゃのお味噌汁って美味しいですよね。冬だなぁって思います。いつもより長めに煮て、少しかぼちゃがとろっとするくらいが大好物です。
そんなお味噌汁を、この干しかぼちゃで作ってみました。
水戻しの意味も含め、出汁に10分程つけてから煮始めて作りました。
とってもほっくりとした食感で、素朴なかぼちゃの甘さが楽しめるお味噌汁になりました!
干しかぼちゃ味噌汁、おすすめです!

かぼちゃの食べごろ

かぼちゃは旬が夏。でも、採れたてのかぼちゃは甘みが少なく、貯蔵しておくことで甘みが増すんだそう。なので、秋冬になるとお店にたくさん並ぶようになるんですね。
つまり食べごろが秋冬なんですね。

栄養満点のかぼちゃ

かぼちゃは、体内でビタミンAに代わるβカロチンが豊富なんだそう。免疫力をサポートし、風邪予防にも効果的なんだとか。
寒い時期にぴったりですね。
他にも食物繊維も豊富なことも嬉しいですね。
ミネラルも豊富なので、かぼちゃは栄養満点な優秀野菜です。
そんなかぼちゃが干すことで更に美味しく、栄養もぎゅっと凝縮するのが嬉しいですね。

いんげんと一緒に胡麻和えに。かぼちゃの甘さがあるから薄めの味付けでも美味しい!他にもスイーツに入れても美味しく出来上がりそうです。干しかぼちゃのケーキなど。週末作ってみようかな^^

ひとみ

関連記事