2018-05-01

完全無欠コーヒーだけじゃない「グラスフェッドバター」

  • 本でも紹介されている安全性
  • コスパ◎
  • 高い栄養価

フォンテラ社

アンカーバター

5kg

10800円

■グラスフェッドバターとは?

牧草飼育の牛のバターのことです。

日本はほとんどが穀物で飼育されていますが、牛は本来牧草を食べる動物です。

■高い栄養価

ビタミンA、E、D、Kをたっぷり含有しています。

他の油にはあまり含まれていないビタミンA、Eが多く含まれていて、これらは活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

カロチンが豊富なので、バターは淡い黄色です。

バランスはオメガ3系:オメガ6系=2:1と言われています。

■話題になった「完全無欠コーヒー」

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を読んで、著者のデイヴ・アスプリー氏さんに陶酔された方も多いのでは!?

良質なバターを使った「完全無欠コーヒー」のレシピの中で、グラスフェッドバターが勧められています。

その中で紹介されていたのが「ケリーゴールド・ピュア・アイリッシュバター」と、このニュージーランド産「アンカー・バター」です。

■コスパ◎

バターに1万円・・・!

と思うかもしれませんが、友達とシェアするにあたり、gで計算してみると・・・

「あれ?スーパーの国産バターより安いくらいじゃん!!」とびっくり。

ちなみに、成城石井などのおしゃれなスーパーでよく見かけるのはフランス産のバイオバターで250gで2500円前後でした。(これにはこれの価値があると思います。)

グラスフェッドバターを嗜好品ではなく、毎日使う食品として取り入れるのだから、コスパも重要ですよね。

業務用なので量は多いですが、友達とシェアしたり、冷凍保存したり、ギーを作って常温保存したりと、良案はたくさんあるかと思います。

■家に届いたら・・

冷凍で届きます。アリの気持ちで見上げると、カチコチの鉄壁です。

私は包丁が入る程度に解凍してから12等分しました。軍手必須です。かなりの力仕事なので、可能なら男性の力を借りた方がいいです。

■信頼性について考える

牛の農薬などの汚染を考えると、国の牛の管理が厳しいらしいニュージーランド産は安全性が高いかなぁと思っています。

更に、自由放牧でストレスが少なく、無農薬の牧草だけで飼育される方が栄養価も高いだろう、という考えです。

また、考え始めると沼なので細かいことは気にしませんが、グラスフェッドバターと表記されていても、季節や天候によって穀物が与えられている物もあるようです。

「誰かが勧めていたからこれにする」っていうのも単純だけど、デイヴ・アスプリーさんが勧めているのでこれはかなり信頼性も高いのではないかと勝手に思っています。

■離乳食(補完食)、幼児食にも

子どもにバターを与えているとうっかり言ってしまって、「は?だめだよ!油だよ?」と何度か注意されたこともありました。汗。

でも栄養価、余計な物は入っていない安全性どれを考えてもグラスフェッドバターを使わないのは勿体無いと、思っていました。

よく作ったのは、蕪などの野菜のバター煮です。

【バター煮の作り方】 野菜を薄く切って、琺瑯の容器に入れ、ヒタヒタの少ない水で煮る。煮えたらバターを落としてできあがり。

琺瑯の容器は火にかけられるので、鍋を出すより手軽でいいですよ。

これでも十分美味しいけど、大人も食べるなら塩胡椒をするといいです。野菜を取り出して残った汁は栄養たっぷりのバタースープなので、捨てないでくださいね。

一品足りない時にすぐ作れちゃうし、子どももよく食べるし、大人が食べても満足の美味しさ♪おすすめです。

大福

▼関連記事

寧活:完全無欠になれる「バターコーヒーとは?」

タグ:
関連記事