2018-09-07

驚くほど簡単な「自家製豆腐」

  • このまま飲むとかなり濃厚な豆乳
  • 大豆成分11%という、スーパーで並んでいる豆乳の中では一番高そうな配合
  • 豆腐を作るための「にがり」も1回分入っていて、この商品だけで豆腐が作れちゃいます
  • ▼「豆腐が作れるフレッシュで濃厚な生の豆乳」
  • 株式会社ハギワラ
  • 170円程
  • 1000ml豆乳+にがり

■そのまま飲むととても濃い大豆の美味しさ。

この商品、中に入っているのは「無調整豆乳」です。豆乳としてそのまま飲むと、本当に濃厚な大豆感に驚きます。

それもそのはず。この豆乳の大豆固形成分は11%。よくスーパーやコンビニで見る豆乳は8〜9%が多いので、この数値は高いと言えると思います。

それで、豆乳って種類によっては飲み終わると口の中に残る感じ?がすると思うのですが、これは濃厚なのに、すっきりしてるんです!とっっても飲みやすい!

夏休みに香港で豆乳専門店で飲んだ豆乳に似てる感じがしました。濃厚なのにみずみずしいというか、クリアな感じ。

豆腐を作るために買ったのですが、ついついそのままどんどん飲んでしまいそう!!

■豆腐を作ってみると拍子抜けする簡単さ!

私たちの食卓によく並ぶ豆腐。あまりにも普遍的な存在で、正直作ろうかなと思ったことはありませんでした。

でも、この商品を見つけてしまい、なんだか作らないといけない気持ちに 笑

めちゃ簡単なんですが、手順をご紹介します。この商品は豆腐作りに必要な〈豆乳〉〈にがり〉がセットになってるので、とても便利!

ちなみに、〈にがり〉には豆乳を固めて豆腐にする凝固剤の役割があります。

〈自家製豆腐の作り方〉

  1. 〈豆乳〉を耐熱皿に入れます。
  2. 〈にがり〉を加えてよく混ぜます
  3. 大きめの鍋底に水をはり、2を入れて15分蒸します。
  4. 終わったら器を出し、氷水を入れたボールに入れて粗熱を取ります。
  5. 完成!あたたかい豆腐なら少し放置してから、冷えた豆腐なら冷蔵庫で冷やしてから食べます。

■自家製豆腐は、なめらかつるん。ほっとする美味しさ

私は、冷たくして食べました。

蒸すの15分で本当に固まるのかな?と懐疑的でしたが、しっかり固まってくれました。にがりってすごい!

固めの豆腐ではなく、寄せどうふのようなぷるぷるとした豆腐ができあがりました!なんとも私好み!

寄せどうふをごま塩で…という好きな食べ方で、ちゅるんと美味しくいただきました!

■身近な食材は実はとてもシンプルな材料でシンプルな工程で作られている

改めて、日本の食卓でおなじみの食べ物や調味料って、シンプルな材料と工程でできるものが多いなと感じます。

豆腐も塩麹も、乾物も。どれも自分で作るとそれなりに簡単にできるし、材料も少ない。でも、やっぱり便利だからお店で買えるものも重要。ただ、そこには工業的な製造の工夫がある。

この事実を、決して嫌がるとかではなく(実際スーパーなどで色々買ってますし!)きちんと受け止めて、無理のない範囲で自家製も織り交ぜながら、丁寧な普段食を大切にしていきたいなと改めて感じました。

ひとみ

関連記事