2018-06-30

古来種野菜「豆苗」を味わう

古来種野菜をお取り寄せし、たくさん野菜の料理を作って食べる会を行いました。
会の様子はこちらの記事からご覧ください。

この記事では、そんな古来種野菜の「豆苗」についてご紹介します。

■古来種野菜とは?

古来種野菜とは、古くから日本で作られている野菜。日本の農家さんが、何世代にも渡って大切に引き継いできた種を畑に蒔き、また種を収穫し、また蒔き…を繰り返して作られている野菜です。
F1種の野菜ではなく、きちんと農家さんが種から引き継ぎ育てている野菜。日本国内に流通している野菜の中ではとても貴重な存在です。

古来種野菜について、詳しくはこちらの記事種が大切だって言い続けようぜー!をご覧ください。

えっ!?これが豆苗!?

この豆苗は岐阜県の野村農園さんの豆苗です。

しかし、箱の中には「えっ!?これが豆苗なの??」と、見たこともない野菜が豆苗として書かれていました。

つるが伸び、大きな葉が付き、
スーパーで見る豆苗はスポンジからにょきにょき茎が伸び、水に浸しておくとまた生えてくるあの、豆苗??
よーく見るとふさふさの葉の間にスーパーで見る豆苗がくっついていました。
この豆苗が古来から守られてきた豆苗なんだ!

初めての豆苗にワクワクです♪

説明書には…豆苗(とうみょう)はエンドウの若芽です。中国では古くから高級食材として食されていました。アクが少ないため下茹で不要で、炒め物やスープ、鍋物などにお使いいただけます。ほのかなエンドウ豆の香りと甘味がありシャキシャキとした食感が特長です。
とありました。

まずは、豆苗?っと確かめるため、生で一口いただきました。
「うん。豆苗。笑」
見た目は初めまして…でしたが、味はしっかりと豆苗の食感と香りがしました。

■卵と一緒に炒めて豆苗しりしり

作り方

  1. 洗った豆苗を食べやすい大きさに切る。
  2. フライパンにごま油を熱し、豆苗を炒める。
  3. 溶き卵(2個)も入れ、さらに混ぜ炒める。
  4. 味醂、醤油それぞれ大さじ1ほど入れ、火がとおったら、出来上がり!

まずは…
美味しーい!!!
豆苗の青臭い感じは炒めると旨みに変わり、シャキシャキ!!!
茎の部分がしっかりと太かったので火がとおったのか心配でしたが…歯ごたえがあって箸も進む進む。笑

卵と相性もよく、甘みがありました。
豆苗って美味しいー♪
あまり、スーパーで買うことがなかったのですが、これは美味しかったです!!!
また、いただきたいな…♪

他の野菜についても、ぜひこちらの記事からご覧ください!
たくさんの古来種野菜を五感で深く味わいました。

あき

タグ:
関連記事