2018-11-12

こどもと一緒に「むかご拾い」

私の主人の実家は大和芋専門農家です。

この時期は一年でもっとも大切かつハードな「大和芋の収穫の時期」。
そして「むかごの収穫時期」でもあるのです。

よく晴れた週末、一生懸命大和芋の収穫に励む義父や主人を尻目に(笑)
大和芋の畑で娘と「むかご拾い」をしてきました。

(写真手前に並んでいるのが掘りたての大和芋)

「むかご」は大和芋収穫の際に、土の中から出てくるんです。
それがたくさん畑の上に落ちていて、これを拾うのがとっても楽しい^^
でも小さいものや、根が生えてしまっているものは後から綺麗に洗うのが大変なので
できるだけ大きなもの・根が少ないものを選びます。

むかごはとても小さいので、こどもの手でも拾いやすく、
夢中で拾い集める我が子。
最初は関係のない石などを拾っていましたが(笑)次第にしっかりむかごを選んで拾えるように。

集めるのは楽しかったようですが、少し土臭いむかごは、残念ながら娘の好みには合わなかったようで
ほとんど食べませんでした・・・・大人の味なんですね。

たくさん集めたむかごは、むかごごはん・バター醤油炒め・素揚げなどで美味しくいただきました。
小粒なのにホクホクして、本当に大好きなむかご。
毎年この時期のお楽しみです。

それにしてもむかごって本当に、色々な形や大きさた色。
とても個性的で、この時期にしか収穫できない愛おしさもあります。

小さいころから畑に慣れ親しんで、収穫のお手伝いをする経験ができる娘は羨ましいと思います。
公園などとは少し違った土、匂い、五感で感じ取っているかなあ。
来年もまた娘と一緒にたくさん拾いたいです。

ひとみ

関連記事