2018-03-12

寧活:自家製「ぬか漬け」食べくらべ

寧の活動、略して寧活!今回はメンバー5人が家で作っているぬか漬けを持ち寄り、食べくらべしてみました。

ぬか漬けはそれぞれの「家庭の味」があることが再確認できましたし、初めて食べる他の家の味にメンバー大興奮!
改めて「我が家のぬか漬けの特徴」がわかったり・・・とても面白い会になりました。

◼ ぬか床を比べてみる

5人のぬか床から、少しだけぬかを持ち寄り。どんな違いがあるか比較してみました。
全てのぬか床で共通していることは「保存容器はホーローであること」でした。また、保存場所は⑤のみ常温保存で⑤以外は全て冷蔵庫です。

 

ぬか床①:塩分高め、ぽそぽそぬか
  • 水分少なく固め
  • みたけのぬか床+生活クラブ補充用ぬか
  • 塩を多めに入れている
  • 季節の野菜をつけることが多い

 

ぬか床②:ふんわり酒粕の香り、やわらかぬか
  • 水分多くやわらかい
  • みたけのぬか床
  • 塩は入れない
  • 大根、きゅうり、人参をよく漬ける

 

ぬか床③:塩分控えめ、優しいぬか
  • 水分多くやわらかい
  • みたけのぬか床+補充用に「コロミーナ」
  • 塩を少なめに入れている(赤ちゃんが食べられるように)
  • たまごとカブをつけることが多い

 

ぬか床④:山椒の香り強め、個性爆発ぬか
  • 水分多くやわらかい
  • 福島屋米売り場で買った米ぬかを使用
  • 昆布/唐辛子/柚子の皮/生山椒を添加
  • 大根や茄子など水分多い野菜をつけることが多い
  • とても独特な香りで、特に山椒の香りが強い!

 

ぬか床⑤:酒粕の香り、シャープぬか
  • 水分少なく固め
  • みたけのぬか床のみ(補充もみたけ使用)
  • 塩をたまに追加
  • 季節の野菜をつけることが多い
  • 酒粕の香りが強い、ツンとシャープな香り

 

■それぞれのぬか床で漬けた大根を食べてみる

写真の番号は上のぬか床に対応しています。当たり前のことかもしれませんが、それぞれのぬか床の香りが、漬けた大根から感じられます。

《それぞれの大根の味わい》

ぬか床①:塩分高め、ぽそぽそぬか

塩分が高くて、浅漬けに近い感じ。漬け時間26時間ほど

ぬか床②:ふんわり酒粕の香り、やわらかぬか

サラダに合いそうな軽い感じ。ぬか床①の大根と似ている。浅漬け感がある。漬け時間24時間ほど

ぬか床③:塩分控えめ、優しいぬか

塩分ちょうど良いあっさりさ、とはいえほぼ大根(笑)。漬け時間20時間ほど

ぬか床④:山椒の香り強め、個性爆発ぬか

山椒の味が強く独特な味わい。青っぽい感じ。もはやぬか漬けではなく新しい漬物の味(笑)漬け時間36時間ほど

ぬか床⑤:酒粕の香り、シャープぬか

インパクト強い、ツーンとシャープな香り。酒粕の香りと味。漬け時間2日ほど

 

■ぬか漬けはやっぱり十人(家)十色。これからのぬか床を考える。

食べ比べてみて再認識したことは、ぬか床の香りがぬか漬けには強く残るということ。
次のような結論に至りました。
  • ぬか床④以外は、どれもみたけのぬか床を使っているのに、味が違うことが不思議。保存状態や漬けてきた食材によって差が出ているのでしょう。
  • 食べごたえで言うと、塩分高めのぬか床①良い。
    →塩分は強いくらいでも良いのでは!
  • ぬか床④のように、色々な食べ物を入れたぬか床は、やっぱり個性的で複雑な味になること
    →これぞ我が家のぬか漬け!という複雑な味を求めている方にはおすすめ!
  • ぬか床⑤のように冷蔵庫でなく、常温保存した方が菌の働きが活発になって、シャープな香りと味わいのぬか漬けになること
    →味の濃いぬか漬けをお好みの方は常温保存がおすすめ!
  • ぬか床の水分は少ない方が良い(カビの原因となるため)がぬか床②③④は水分多すぎる。対策を練らないといけない。
    →ぬか床の水分が多くなってきたら対策(干し椎茸を入れる/ぬかを足すなど)しましょう!

 

■みんなで作ってきた変わりダネぬか漬け

各自、変わりダネとなるぬか漬けを持ち寄りました。詳しくはそれぞれの記事からご覧ください^^

たまごの記事は こちら 
豆腐の記事はこちら
こんにゃくの記事は こちら 
焼きサバの記事 こちら(準備中)
じゃがいもの記事はこちら
関連記事