2018-10-14

生で食べられるかぼちゃ「コリンキー」で作るラペ

もうすぐハロウィン。あまり流通しない珍しいかぼちゃが手に入るということで、みんなで持ち寄り、かぼちゃを愛でる会を開きました!

それぞれを蒸して、食べ比べもしました。(その様子はこちらから。)

ひとつひとつと向き合って、一番美味しく食べられそうな料理を作りました。
カレー、ナムル、ラペ、グラタン、プリンです。

ここでは、「コリンキー」という品種を紹介します。
別名「サラダかぼちゃ」は、やはり生でいただきたい!
ということで、ラペにしました。

■コリンキーの特徴

皮ごと生で食べられるユニークなかぼちゃ。
生でも食べられるように改良され「サラダかぼちゃ」とも呼ばれています。
一般的なかぼちゃは熟してから収穫するのに対して、コリンキーは未熟果を利用するので、水分が多く、果肉が柔らかいのが特徴。

クセや苦味が少なく、歯ざわりがよいです。
コリコリとした食感がやみつきになるので、ぜひ、生で食べてみてくださいね。

■コリンキーのラペ作り方

<材料>

  • コリンキー  1/4
  • 塩 こさじ1/2
  • 純米酢 こさじ2
  • オリーブオイル こさじ2
  • レモン汁 こさじ1

<作り方>

  1. コリンキーは洗って皮ごと薄くスライスし、ボールに入れる
  2. ①に塩を加えて軽くもんでしんなりさせる
  3. 純米酢・オリーブオイルを加えて混ぜ合わせる
  4. 最後にレモン汁を加えて軽く混ぜて完成!

 

■みんなの感想

  • かぼちゃというのが信じられないくらい軽やかなシャキシャキ食感
  • シンプルな味付けだからこそ繊細なコリンキーの味わいが楽しめる
  • 不思議なかぼちゃ〜!
  • 少し苦味があって大人の味
  • 食感があって、箸休めにとてもいい
  • カボチャの概念が覆された
  • 生ニンジンみたいな食感で皮まで食べられる事にビックリ!
  • 必ずサラダで食べたい!

レシピ考案と調理はきゃんちゃん&あきちゃんでした。thank you!
ぜひ、他のレシピや食べくらべもチェックしてください♪

大福

関連記事