2018-03-07

硬くなったパンもモチモチ「蒸して食べる」

■更なる価値を探して

電子レンジを使うとせっかくの栄養が破壊されるとか、ガンを引き起こす要素を作り出すとか。

電子レンジのリスクについて考え始めると、もう、沼です。

私は今のところ、電子レンジがないと困ります。電子レンジが必要な生活をしているので、使うときはあまりネガティブなことは考えずに使っています。

でも、なるべく使わないで済む方法があって、それが更なる価値を生み出すなら(そんな大げさだけど)積極的に採用したいなぁと、アンテナを張っています。

■パンを蒸す、しあわせ

うちにはオーブントースターがなく、また買ってきたパンもよく冷凍するので、今まで電子レンジで軽くチンしたり、魚焼きグリルで焼いていました。

それで、試しに蒸してみたらこれがすごく美味しい。

自分で焼いたパンやピザも、焼きたては美味しいのに、時間がたつとすぐ硬くなってしまいます。今まではそれが残念だったけど、蒸すと違うものに生まれ変わるから、あえて少し残して蒸すくらい。

さっき、更なる価値を生み出すなら、、なんて大げさなこと言いましたが、これがまさに更なる価値!

焼きたてパンの美味しさとも、また違う。

モチモチしてフカフカ。

湯気を眺めて、幸せな気分。

■蒸し方

深めの鍋に2カップくらいの水を入れて、蒸し器を置いて、沸騰させます。(あっという間に沸騰します。)

パンを置いてから、2分くらい火にかけて蒸します。

蓋を外す時に湯気で大量にお湯が落ちるので注意してください。

■使っている物

蒸し器は鍋のおまけについていたステンレス製の物。

100円均一でも、落し蓋にもなる2wayの蒸し器が売られていますよ。

  • 無印良品
  • 木製トング (25㎝)
  • 1600円

ちょっと高いかなと思ったけど、店頭で持ってパチパチしてみたところ、これまたバネがいい塩梅で、棚に戻せなくなりました。

洗濯バサミの機構を応用しているトングとのことで、開く角度が大きくてとにかく使いやすい。

ひとたび子どもに持たせたら飽きるまで返してくれないし、なかなか飽きてはくれないです。

大したことではないけど、少しだけ手間をかける。この「暮らしている感」も相まって、いつもより美味しく、パンをかじっています。

ちなみに、冷凍しておいた野菜も、同じように蒸して食べれますよ。

やってみれば手間でもなんでもないので、トースターがあるよという方もぜひ一度お試しください♪

ちえ

タグ:
関連記事