2017-10-26

消泡剤無添加、国産大豆の「きぬ豆腐」

  • 国産丸大豆100%使用
  • 消泡剤無添加
  • 海水にがり100%使用

▼沖縄にがり きぬ豆腐

  • 丸和食品株式会社と福島屋の共同開発
  • 128円
  • 300g

■豆腐は大豆の産地で選びます

豆腐って、スーパーの冷ケースの中で比較的添加物が少ない商品なのではないかと思います。
だからこそ、原料が一番のチェックポイント。
なるべく国産大豆使用の商品を選びたい。(遺伝子組み換えでないのが◎)
あとは、選ぶ余地がある場合は、選びたい「消泡剤不使用。」

■消泡剤って?

消泡剤とは、豆腐を作る過程で、砕いた大豆を加熱すると生じる泡を消すために使用する添加物です。大きく3種類があるようです。
①油脂系消泡剤
②グリセリン脂肪酸エステル
③シリコーン樹脂

①は油脂って何が中身かわからないから何とも言えないですね〜。
②は、食用油脂とグリセリンを反応させて造ったもので、乳化剤として広く用いられているもののようです。(乳化剤の記事はこちらから
③は、自然界に広く存在する珪石を構成する珪素が主成分なようです。

これら消泡剤は、食品衛生法で、加工中に消滅または最終食品に残っていても微量な「加工助剤」として扱われています。
別に過度に気にする必要はないかもしれないけど、豆腐はよく食べるものだし、添加物をわざわざ取らないに越したことはないかな〜くらいに思っています。

豆腐以外にも、厚揚げとかでもたまに「消泡剤不使用」を謳っている商品がありますよね。
お店に並んでいる場合はこちらを選んでいます。

■消泡剤不使用の商品を作り続けるメーカーさんを応援したい。

きっと消泡剤を使わないということは、それだけ豆腐作りは大変なはず。
それでもその方法で作り続けている豆腐屋さんが素敵だなあと思います。
もしかしたら、私が消泡剤不使用の商品を見つけたら選んでいる理由はその職人魂というか心意気なのかもしれません。

ひとみ

タグ:
関連記事