2017-10-15

多摩地域のお土産に「新撰組醤油♪」

先日キッコーゴ(近藤醸造)で工場見学をさせてもらいました。

工場見学のまとめは

【こちら】

工場見学の最後に、工場隣の直売所でメルマガ登録をして、キッコーゴ丸大豆醤油をいただきました。

亀甲羅の商標を担いだ五郎兵衛さんのマークが可愛い・・♪

■新撰組ラベル

週末に親戚に会いに行く予定があったので新撰組のラベルの醤油を買いました。

近藤勇さんのイラストがかっこいい!

プレゼント用に箱に入れてもらったのですが、これまたデザインがいい!

新撰組醤油 249円

箱 87円

■手土産、ギフトに

これは1本入りですが、箱は1.2.3.5本入りがありました。

5本入りの箱は当然窓も5個あるわけで、より「蔵」と言う雰囲気があって素敵な箱でした♪

醤油だけでなく、めんつゆ、ぽん酢、焼肉のたれや、お酢、お菓子などもありましたよ。

買うか迷ってやめてしまったので写真がないのですが、可愛い醤油差しもありました。

東京駅で調達する「東京◯◯」みたいなお土産は「東京?」みたいなカンジで自分自身あまりピンときていなかったのだけど(まず自分が東京人って胸を張って言うことに戸惑いがある)、これはかなり、ピンッ!ときてしまいました。

多摩地域の素敵な手土産、発見ですね!!

■地域連携

近所のお蕎麦屋さんや給食にも醤油をおろしているそうです。

五日市街道沿い、秋川渓谷入り口にあるこの直売所は木でできていてとってもいい雰囲気。

青梅の御岳山から切り出した木材などを使って作られたそうです。

すごーい!!

工場見学では、地元、地域との関わりをとても大切にしている四代目の近藤さんのお話も聞けて楽しかったです♪

東京で醤油をつくる蔵元は、一軒のみ。

伝統を大切に、地域を大切にする老舗のお醤油が、このまちの食を丁寧に、豊かにしているんだろうなぁ。

ちえ

タグ:
関連記事