2018-01-11

無病息災を願って「七草粥」

1月7日

毎年恒例、七草粥を作りました。

小さい頃から1月7日には七草粥を食べてました。

これを食べないと一年が始まらない感じがします。

■何故七草粥を食べるのか

新しい年を祝い、お正月気分がまだ少し残っている1月7日は、

五節句の一つ「人日の節句(じんじつのせっく) 」です。

この日には「七草粥」を食べて邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈るとされる風習があります。

■七草とは

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろです。

すずなはカブ、

すずしろはダイコンです。

■七草粥のレシピ

私は生米から土鍋で作ります。

その方が格段に美味しいですよ〜

《材料》

・米       一合

・水       900ml

・七草

・塩       適量

 

《作り方》

①米を洗い、水に30分以上は浸けておく。

②強火で火にかけ、沸騰する前に弱火にする。

③30分ほど炊いたら、すずなとすずしろを入れ10分ほど炊く。

④火を止めて、最後に残った七草と塩を入れて余熱で5分。

完成!!!!

今年も美味しく出来ました。

日本で昔から受け継がれて来た伝統や風習はちゃんと子供達に伝えていきたいです。

家族みんなが今年も一年、元気で暮らせますように。

このみ

関連記事